仙台市議会について

東日本大震災で被災した青葉区北部エリアの宅地復旧公共工事の進捗情報です。
国の復興事業採択を受け、仙台市は昨年度末までに全ての工区で契約手続きに入りした。年度は、契約したところから順次、工事の概要やスケジュールについて説明会の開催予定です。(一部抜粋

公共事業による被災宅地の復旧には、
宅地所有者にも個人負担があります。

被災宅地の復旧助成独自支援制度の申請期限を平成27年3月31日まで1年延長します。
本市の調査では、被災宅地危険度判定において「危険」もしくは「要注意」と判定を受け、公共事業対象を除いた制度対象となる56%の3,207カ所の宅地のうち、助成金申請は638件、2割程度にとどまっています。今後当局は年度内を目途に、対象者全員に助成金制度の概要や復旧の進め方、融資制度に関する情報を送付するほか、相談窓口をご案内し、お一人おひとりの状況に応じた丁寧な対応に努めたいとしています。
fukkyuu_1312.jpg
宅地復旧公共工事の進捗状況は、入札不調や資材調達の遅れなどから予定が遅れています。この度各地区の完成予定が明らかになりましたので、お知らせします。詳しくはホームページまたは下記宛てにお問い合わせください。


詳しくは下記へお問い合わせください。
復興事業局北部宅地工事課・南部宅地工事課 市役所本庁舎4階
☎022-214-8304 FAX.022-214-8565
メールアドレス : fko002310@city.sendai.jp

LinkIcon次ページ

131219_atobe_VOL50.pdf
PDF版は
こちらから
ダウンロードできます。

130419_atobe_vol50.pdfLinkIcon